筋トレの効果的なやり方(女性編)

女性の筋トレ

ダイエットは、脂肪を燃焼させる事が目的なので、効果的な筋トレのやり方を知る事が大切です。筋トレは、長時間続ける事が難しい高負荷なので、一般的には無酸素運動に分類されます。

 

一方の有酸素運動は、中程度の負荷で長時間続けられる事が特徴です。筋肉を付けるには筋トレが効果的ですが、脂肪燃焼には有酸素運動が効果を発揮します。

 

しかし、有酸素運動だけでは筋肉が付き難いので、筋トレと合わせて行う事がダイエットの基本です。

 

女性の場合は、男性より筋肉量が少ないので、低負荷の筋トレから始める事が基本的なやり方です。つまり、ダイエットにはある程度の時間が必要なので、無理なく続けられる事が大切な条件です。

 

腕立て伏せ

女性の腕立て伏せは、普段から筋トレしていても、10回続けて行う事は難しいトレーニングです。数回でも難しい時は、膝を付けたやり方でも筋トレ効果を発揮するので、体力に自信がない女性に適した方法です。

 

道具を使った筋トレは、一見すると大きなダイエット効果を発揮すると思われますが、慣れない間は故障の原因になります。まずは体重を利用したやり方を身に付け、慣れてから次の段階に進む事が、安全かつ効果的な女性向けダイエット法です。

 

スクワット

太ももや大胸筋は、体の中でも比較的大きな筋肉で、これを鍛えるやり方は脂肪の燃焼を促進します。スクワットは、道具不要で場所を選ばないので、女性が導入するダイエット方法として効果的です。

 

 

筋力が低い女性の注意点としては、常に正しい姿勢を維持し続ける事、そして休憩を最小限にしてセット数を行う事です。姿勢が崩れたやり方は、正しい筋肉の使い方が行えないので、十分なダイエット効果を得る事が出来ません。

 

また、疲れたからと頻繁に長く休むやり方では、筋肉の働きと脂肪燃焼効果を引き出す事が困難になります。最初は一週間毎のメニューを決めたり、目標を定めて取り組む事がおすすめのやり方です。

 

女性の場合は、無理に短期間でダイエットを実現しようとしますが、妥協してしまう事が継続を難しくします。低負荷から無理なく始めたり、段階的に負荷を増やす事を行えば、女性でも長く続けられるので、次第に体力と筋力が身につき脂肪が減ります。